一見すると「トレス」というものは、「無くすべき」「取り去るべき」と敬遠しがちですが、現に、人間は多少のストレスを抱えるからこそ、生きていくことができます。

杉花粉症などの症状(水っ洟、鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、それが誘因で睡眠不足になり、次の日起きてからの行動にダメージを及ぼすこともあります。

塩分と脂肪の摂り過ぎを控えて自分に合う運動に努め、ストレスの多すぎない日常生活を続けることが狭心症の素因である動脈硬化を防止するポイントです。

普通では骨折はしない位のごく僅かな圧力でも、骨の限られたエリアだけに繰り返して連続してかかってしまうことで、骨折が生じることがあるので油断できません。
チェルノブイリ原発の爆発事故のその後の後追い調査のデータによると、大人よりも子供のほうが漏れた放射能のダメージをより受容しやすいことがわかっているのです。

肝臓を健やかな状態にキープするには、肝臓の有害物質を分解する作用が低くならないようにすること、別言すると、肝臓を老化させない対処法を開始することが効果的だと考えられます。

気が付くと肘をついて横向きになったままテレビを見つめていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、ハイヒール等をいつも履くという習慣的なことは身体の均衡を乱れさせてしまう原因となります。