緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩こり、首こり、張りが原因の最も一般的な慢性頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような強い痛」「重くてたまらないような痛さ」と言い表されることが多いようです。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付いた脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や肝硬変といった多種多様な疾患の合併症の素因となる恐れがあるのです。

脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂の分泌異常により起こる発疹・発赤で、皮脂分泌が乱れる要因としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの崩れ、ビタミンBコンプレックスの慢性的な不足などが大きいと考えられています。

高齢の方や慢性的な病を患っている人は、殊に肺炎を発症しやすくて治りにくいという傾向があるため、事前の予防や早めの受診が重要だといえます。

アミノ酸のひとつグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を衰退させたり変異を誘引する人体に有害な物質を体内で無毒化し、肝臓のパワーを促進する特徴が判明しています。

ピリドキシン(ビタミンB6)は、色々なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギー源の利用に必要な回路へいれるため、再度化学分解するのを促す機能もあるのです。

子どもの耳管は、大人と比較して太めで短くなっており、しかも水平に近いため、様々な細菌が進入しやすくなっているのです。

大人よりも子どもの方が急性中耳炎に罹りやすいのは、この事が関係しています。

現在、若年層で感染症である結核に抗える免疫力の無い人々が増加したことや、受診が遅れることなどが原因の集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっているようです。