強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間にあってクッション的な働きをしている椎間板(ツイカンバン)という名前のやわらかい円形の線維軟骨がはみ出症例のことを指します。

もう歯の周囲のエナメル質を浸食してしまうほど悪くなってしまった歯周病は、悲しいことに病状が落ち着くことはあっても、失った骨が元通りに復活するようなことはまずないでしょう。
年々患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、不眠、憂うつ、著しい倦怠感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、意欲の低下、そして重症になると自殺企図等の様々な症状が2週間以上続きます。

学校のような大勢での集団行動に於いて、花粉症が要因で他のみんなと同じように外でエネルギッシュに行動できないのは、患者さんにとっても残念な事でしょう。
鍼灸用のはりを痛みの発生源に刺す、という直接的な無数の刺激が、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名前の謂わば電気信号伝達を誘引すると言われているのです。

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという性質があるので大気中のオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を破損させたりして、皮ふに悪い影響をもたらすと言われています。

寝姿を見ることなどで、人間が犬のことを可愛らしいと感じることによって「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されれば、ストレス緩和や癒やしに繋がっているといわれています。