現在の手術室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を備えさせ、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を用意するか、そうでなければ近くにその専門室を作るのが常識となっている。
ポリフェノール最大の特性は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性であるビタミンEなどとは違っていて、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を防ぐ効果を持っています。

アメリカやヨーロッパ各国においては、新薬の特許が切れた約30日後には、製薬市場のおよそ割がジェネリック医薬品(後発医薬品)に変更される薬もある位、後発医薬品は地球上に知られているという現実があります。

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が横たわっていても使用するエネルギー量であり、半分以上を全身の様々な筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳で使っているというのが今や常識となっています。

下腹部の疝痛を引き起こす疾患には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、卵巣の病気などがよく挙がります。

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の物質が、肝臓が分泌する解毒酵素そのものの正常な創造を助けているかもしれないという新たな可能性が見えてきたのです。